会社 の 作り方

会社 の 作り方

会社 の 作り方

株式会社の設立手続きの概要

詳細について 会社 の 作り方



※メールアドレスは暗号化されて送信されます。

※ご入力いただいたメールアドレスに「PDF」でお送りします。ダウンロード形式でご購読いただきます。

※Yahoo!メール、Hotmailなどの「フリーメール」は届きにくい傾向があります。携帯メールアドレスは登録できません。

※入力いただいた情報は、プライバシーポリシーのもと厳重に管理します。また、メルマガはワンクリックで解除できます。

■ PCメールアドレス (必須) ※メールアドレスは暗号化されて送信されます。 ※ご入力いただいたメールアドレスに「PDF」でお送りします。ダウンロード形式でご購読いただきます。 ※Yahoo!メール、Hotmailなどの「フリーメール」は届きにくい傾向があります。携帯メールアドレスは登録できません。 ※入力いただいた情報は、プライバシーポリシーのもと厳重に管理します。また、メルマガはワンクリックで解除できます。

パンフレット・会社案内の制作実績パンフレット・会社案内の制作事例お客様の声話すだけで良いので、制作にかける時間が圧倒的に少なくて済みます (稲田社会保険事務所 稲田様)Q1. 弊社に依頼前は「どんなこと」に悩まれていましたか?

小さな社労士事務所ですが、比較的お客さんの規模が大きく、資料請求後に送付する会社案内が無いのは、問題だと感じていました。

Q2. 何が「きっかけ」でこのサービスを知りましたか?

元々ワードメーカーさんに弊社のHPなどを作ってもらっていた事もあり、「こんなサービスもありますよ」と教えていただいたことがキッカケです。

Q3. 知って「すぐ」に依頼しましたか?依頼しなかったらとしたら、それはなぜですか?

依頼しました。これだ!と思いましたね。

Q4. 何か「決めて」となって申し込みましたか?

他社などに依頼する場合と違って、自分で文章を考えなくて良い点が本当に助かります。私は話すだけで良いので、制作にかける時間が圧倒的に少なくて済みます。しかも文章はコピーライターでもある社長が客観的に書いてくれるので、私が主観で書くより良いかとも思いました。

Q5. 実際に、デザインや文章ができあがっていかがでしたか?(これまでとの違いなど)

デキにも満足していますし、新規契約前に資料と一緒に送っていて成約率の結果にも反映されています。普通のよくあるテンプレートみたいにデータだけが載っている「会社案内」と違って、少ないページ数でも売りを明確に表現してくださいましたので、大手が作るような分厚いだけの会社案内や、小さい会社が作るパワーポイントのA4用紙印刷の会社案内とは全然違います。本当、作って良かったです。今はお客さんにも紹介しています。本当にありがとうございました。

5大特徴パンフレット・会社案内をつくる際に、 “こんな思い”が出てきていませんか?

⇒ 「とりあえず作る」ということが先行してしまう・・・ ⇒ いったい何を載せればいいかわからない・・・ ⇒ これで本当にお客さまに伝わっているのだろうか?

「営業ツールとして」「取引先に送付するために」・・・など、さまざまな理由があり、パンフレット・会社案内を作ることになりますが、“何を載せればいいか”というのは、大きな課題になります。

パンフレット・会社案内を渡すときの “最初の難関” それは・・・

パンフレット・会社案内を受け取ったときに 最初にしてほしいこと。 それは・・・

どんなに良い内容を入れたと思っていたとしても、 読まれなければ意味がありません。

興味を惹かれなければ意味がありません。 これはパンフレット・会社案内に限りません。 すべての媒体に言えることです。ホームページも同じです。

「とりあえず・・・」で作ると、読み手に伝わらないものができてしまう

パンフレットや会社案内を作るとき、 お客様が用意するのが一般的になっています。 パンフレット制作=デザイン制作というのが一般的です。

そうすると、お客様(企業側)が用意することになりますが、 ただでさえ忙しいのに、原稿を用意する時間はなかなか取れません。

そうすると、「とりあえず」で作ってしまうのです。

付け焼刃的につくってしまうと、 読み手に伝わらないものができてしまいます。 なぜなら、提供側の視点になってしまうからです。

大切なことは、「読みたくなるようになっているか?」です。 「対象の方の悩みや問題意識をきちんと把握しているか?」です。

伝えたいように伝えてはいけない

特に、「思い入れ」があるときほど、 “伝えたいこと”を“伝えたいように” 伝えてしまいます。

多くの場合、伝えたいように書いてしまうと、 主観的になってしまうので、 読みにくくなってしまうのです。

たとえば、読み手が知らない専門用語を使ったり、とりあえず主張を列挙したり・・・。

そんなことをすると、読まれません。見られません。 開いてくれないかもしれません。

伝えたいことをそのまま伝えてはいけないのです。 では、どうするかというと・・・

伝えたいことを伝えたいように入れるのではなく、「読み手が知りたいことから伝えていく」

最終的には、パンフレット・会社案内を見てくれる方が「どう思うか?」「どう感じるか?」ということが大切になります。

だからこそ、「読み手の頭の中がどうなっているのか?どんなことを考えているのか?どんな悩みを持っているのか?」・・・から考える必要があります。

たとえば、野球が好きな人は野球の試合結果が気になります。 バレエが好きな人はバレエの情報が目に飛び込んできます。

野球が好きな人に対して、バレエの情報を提供しても興味を示してくれないのです(野球もバレエもどちらも好きであれば別ですが・・・)。

当たり前のことと思われるかもしれませんが、実は、同じようなこと(失敗)があらゆる広告媒体でおこっているのです。

だからこそ、「語るパンフレット」では、コピーライティングの代行までおこなっています。

パンフレット・会社案内を作る際に、「当事者が書くこと」が1番良いです。

しかし、 ■原稿を用意するだけの時間が  なかったり・・・ ■文章を書こうとすると、  主観的になったり・・・ ■内容をつい考えこんで  しまったりと・・・

書くためには、さまざまな障害が立ちはだかります。

だからこそ、当社では原稿作成(コピーライティングサービス)まで含んだ制作をおこなっています。

どんなポイントで制作しているか を列挙しますと・・・

⇒ まずは、パンフレット・会社案内の目的をはっきりさせる ⇒ 「対象の方は誰なのか?」を具体的にする・明確にする ⇒ そして、その人に向けたメッセージをつくる ⇒ 御社のウリを表現したコンテンツ ⇒ 対象の方に合わせたデザイン ⇒ 主張を補佐するための証拠を提示する

・・・など、一例ですが、このようなポイントで制作しています。

“その表現”本当に適切ですか?

ウリをお客さま視点で執筆&デザインする パンフレット・リーフレット・会社案内制作

1. コンセプトから決めていきます 2. ウリを表現したコピーライティング 3. あなたはしゃべるだけ 4. 対象の方に合わせたデザイン 5. 印刷までセットでおこないます

パンフレット・リーフレット・会社案内は表現だけで決まるものではありませんが、表現ひとつで反応が大きく変わります。それを代行するのが当社の役割です。

Source: http://www.insource.co.jp/contents/manual01.html



「使いやすい業務マニュアル」の作り方と6つのポイント業務マニュアルの意義

当社では、多数の研修を実施させていただいておりますが、研修の前に、受講者の方に「アンケート(事前課題)」を実施しています。「職場でマニュアルが必要な事柄・理由」というテーマで行ったアンケート結果を分析してみると、

という3点がマニュアルを作成すべき要件となっていることが読み取れます。上記のように、業務マニュアルの作成は、業務品質の向上やスピードアップ、頻度や難易度が高い業務の内容をルール化することに大きな意義があります。

マニュアルの素材はどこにでもある

忙しい日常業務のなかで、マニュアルを新たに作成するのは困難だと感じられる方も多いでしょう。しかし、実はマニュアルを作る素材は随所にあります。例えば、ベテラン担当者やできる方の引き出しの中に隠れているノートには、実践的なノウハウが多数詰まっています。また皆さまも、自分のために、まとめたり追記した資料をお持ちではないでしょうか?具体的には、通達などでよく使う箇所を切り出して簡潔にまとめたものや、パンフレットに効果的な説明方法を追記したものです。

一時間ほど時間をとり、各自のマニュアル素材を発表し合い、共有するだけで、仕事の効率化をはかることができます。また、さらに、議論をしながら、マニュアル素材を整理して、まとめれば、それだけで立派な使いやすい業務マニュアルが完成します。

使いやすいマニュアルの6つのポイント

次に、業務マニュアルの作成方法についてご説明していきたいと思いますが、「使いやすいマニュアル」とは、以下の6つの要件を満たしたものと考えます。

以下、これらの要件に合わせて、業務マニュアルを作成するポイントをご説明していきます。

ポイント1.仕事の全体像が俯瞰(ふかん)できること

作業を効率的に進めるためには、仕事の全体像を把握している必要があります。仕事の全体像とは、1.仕事の意味(仕事の位置づけ)、2.仕事全体の流れ、3.作業工程、4.求められる水準(作成時間、達成度、品質)などです。

ベテランの方はともかく、新人や若手の方でもわかるマニュアルにするために、全体像の記載が必要です。新人や若手の方は仕事の意味を理解することにより、不安なく、前向きに行動することができます。加えて、職場においても、大きく間違った行動を取り、周囲に迷惑がかかることが少なくなります。

ポイント2.考え方の軸(仕事の判断基準)が示されていること

考え方の軸は、言葉を変えて言いますと、"判断のモノサシ"のことです。これを業務マニュアルに示しておくと、新人や若手の方でも判断に迷うことがありません。この考え方の軸を書くには、コツがあります。結論を言えば、スローガン的な言葉を一言で示したうえ、その理由を加えます。

例えば、「整理整頓が重要な仕事」についていえば、単に、この仕事には「整理整頓が重要」と記述するのは不十分です。形式的になりすぎて、言葉の持つ重みが行動に転化しない可能性が大きいからです。このような場合の「考え方の軸」は、例えば「整理整頓~仕事を早く終わらせ、書類紛失によるトラブルを防止する」というレベルで示すことが必要です。こうすれば、具体的な行動として

Source: http://pamphlet.copywriting.co.jp/

別れさせ屋 東京