金・コネ・学歴・実績なしでも潰れにくい会社をつくる術

金・コネ・学歴・実績なしでも潰れにくい会社をつくる術

会社 を つくる

金・コネ・学歴・実績なしでも潰れにくい会社をつくる術

詳細について 会社 を つくる



******************************************************* 【本サイトからのお知らせ】 本サイトの姉妹サイト「お金持ちの教科書」が本になりました! サイトのコンテンツの中から人気の高い記事を選別し、 新しい記述も加えて、書籍として再編集したものです。 ぜひ購入してください。2014年1月29日販売開始(現在先行予約受付中)

Amazonでの購入はこちらから 楽天ブックスでの購入はこちらから

*******************************************************

 友達同士で意気投合し、会社を作るというケースはよくある。だが友達同士の時のよい関係がずっと続く可能性はあまり高くない。  今回は友達同士で会社を作る場合の注意点について述べてみたい。 友達同士で作る会社は長続きしない  一般に友達同士で作った会社が、そのままの状態で継続することは少ない。

 人間とは不思議なもので、組織が出来上がってくると、序列を求めるようになり、自然と上下関係が形成されてくるのである。最初は対等だった友達同士も、会社が軌道に乗るにつれて上司と部下の関係に変わってくる。  教育関係の会社に勤めていたAさんは、同僚2人とともに、進学塾の会社を設立した。便宜的にAさんが社長に就任し、あとの2人は取締役になっていた。当初は何を決めるにあたっても3人でミーティングを開き、対等に意見を言い合ってきた。だが事業が軌道に乗り始めた2年目あたりから状況が変化し始めた。  会社に出入りする取引先や銀行の担当者は、当然だが社長のAさんを最優先に話を進めてくる。最初は残りの2人も気にしていなかったが、外部とのやり取りが増えるにしたがって、2人は少しずつ疑問に思い始めた。    「Aさんは自分達には内緒で何か話を進めているのではないか?」  実際、社長のもとには他の会社との提携話や買収の話などが持ち込まれることがあり、内容が微妙であることから、このような話は夜に会食をしながらということが多い。しょっちゅう外部の人と外に出て食事をしながらなにやら密談めいたことをしているように2人には映ったのである。

 結局3人の間にはギクシャクした空気が流れるようになり、2人のうちの1人は会社を去っていってしまった。

 最終的にはもう1人も会社をやめ、社長のAさんだけが残る結果になってしまったのである。 役割分担が明確だとチームは長続きする  Aさんたち3人がこのようになってしまったのは、3人の役割分担によるところも大きい。3人は同じような性格で、どちらかというと皆がリーダータイプであった。

 これが、Aさんはリーダータイプ、もう1人は無口な経理マンタイプ、もう1人は弟分のような感じであれば、3人のチームワークは続いかもしれない。だが1つの会社にリーダータイプの人材は3人も必要なかったのである。  この顛末は、グループで活動する音楽アーティストをめぐる状況とよく似ている。最初は音楽好きが集まってうまくいっていたグループも、CDが売れて活動が本格化してくるとメンバー間の結束に亀裂が生じてくる。

 最後までグループが崩壊せずに残るのは、圧倒的な実力と人気を持つリーダーに従うか(サザンやミスチルなど。それでもサザンには脱退者があったし、ミスチルは一時期メンバー不仲でギクシャクしたことがあった)、個性の違うプロ意識を持った人同士が互いに尊重しあうか(B’zなど)のどちらかしかない。  もっとも例外はいくらでもある。 プロフェッショナル系のビジネスは例外  事業が順調に拡大し、人材の確保が業容拡大に追いつかないようなラッキーなケースでは、似ているキャラであっても活躍の場はいくらでも確保できる。

 またコンサルティング会社や弁護士事務所など、プロフェッショナルな人たちがチームを組んでいるケースでは、あまり互いを干渉せずに関係を長続きさせることも可能だ。  友達同士で意気投合しノリノリで起業するのは大変すばらしいことだし、起業とはそのような勢いが必要なものである。だがそのときにも、互いの役割をきちんと認識する冷静さは併せ持っていたい。

【関連サイト】 「お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則」 「なぜあなたは出世できないのか?」 「投資で成功するために絶対知っておくべきこと」 「放射能から身を守る食品サイト」 「記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト」

Source: http://colocal.jp/topics/think-japan/gifunext/20161107_83625.html



「97%の逆を行く」、創業時の発想

“日本一幸せな会社” “超ホワイト企業”などというキャッチフレーズが踊る企業がある。 岐阜県にある未来工業だ。 電設資材や管工機材を中心に製造するメーカーで、 そのひとつ、電気のスイッチボックスは100種類以上発売されており、 国内シェア約70%を誇っている。

1965年創業。現社長である山田雅裕社長の父である山田昭男氏が創業者である。 創業当初は「食べていくのが精いっぱい」。 ブラックだホワイトだと言っている場合ではなかったが、夢は大きかった。 山田雅裕社長が先代の創業当時を語る。

「大垣は戦前から工業のまちでした。 そこで創業メンバーは下請けはやめて、メーカーとして勝負していこうと考えたようです。 そして国の発表している高額所得法人に名を連ねる企業を志したと聞いています」

この高額所得法人は当時、法人総数の3%程度であったという。 しかし創業メンバーはその3%の真似をするのではなく、 「残り97%がやっていないことをやろう」と考えた。 成功モデルといえども、真似はしたくない。ユニークな発想である。 97%の逆張りをするということは、他社と同じことはやらないということ。 大多数が持つ常識や慣習など、すべてを疑っていく。

山田雅裕代表取締役社長。派手な柄シャツには意味がある。

山田昭男氏のよく知られている逸話がある。

「高級料亭などに行っても、靴を脱ぎっ放しにして揃えないんです。 それは自分がやることではないと。 バカと言われようが、変人と言われようが、徹底して人と違うことをやり続ける。 そういう生き方で未来工業を守ってきたんです」

Source: http://kigyou.kyokasho.biz/archives/147

http://1or0.info