井上酒造120周年 山頭火句碑を建立(宮崎県日南市)

井上酒造120周年 山頭火句碑を建立(宮崎県日南市)

会社設立 宮崎県

⇒消費税の税制改正があったため、2期目から課税事業者になってしまう会社が増えています。 1期目は原則として免税ですから、まず考えることは1期目を最長にすることです。 例えば、1月に設立したら12月を決算月にするということです。 そして、2つ目は1期目の前半6カ月間(特定期間)の「売上」か「給与総額」のどちらかを1,000万円以下に抑えることです。 これにより2期目は免税となります。そして3つ目は1期目をあえて短くするという方法もあります。 どれに当てはまるかを相談の上、決めていきます。

⇒1月と7月に源泉所得税の納税。決算月の2カ月後に法人税の支払い。 3つの支払いポイントを把握し、キャッシュ・フローを最適化します。

⇒役員報酬の決め方で節税の大きな部分が決まるため、ここは重要視します。

⇒30万円以下であれば一括で経費にできる特例を利用することで大幅な節税につながります。 この特例の活用方法をお伝えしていきます。

⇒設立費用や設立代行手数料は経費になります。 また、設立の準備にかかった費用等も経費になるため、最善の方法をご提案しております。

人気のあった創業時に使える「中小企業基盤人材確保助成金」「受給資格者創業支援助成金」は、 平成25年3月末に廃止となりました。 代わって新設された「中小企業労働環境向上助成金」では、個別の場合、最大40万円が支給されます。 また創業者に限った「創業補助金」は、最大200万円と狙い目です。 融資においては「新創業融資制度」で最大1,500万円が受けられます。 いずれも要件がありますので、詳細をご説明いたします。 (当社提携社労士回答)

創業期は営業から経理まですべて「社長の仕事」です。しかし、経理に時間を割いている暇がない、というのも本音でしょう。 そんな方のために次のサービスをご提供しております。

Source: http://www.kaisyasetsuritsu-miyazaki.com/subsidy-support/finance-support/



動画を見ます 会社設立 宮崎県

会社設立手続きの流れ 税務署への提出書類について

詳細について 会社設立 宮崎県

当事務所では、新たに会社設立される事業者様の創業時の銀行借入をサポートしております。 開業後の運転資金、事業拡大のための設備投資等のために金融機関からの融資をお考えの方が多くいらっしゃいますが、漠然と金融機関に借入申込書を書いて提出しても希望する金額、希望する利率での融資は厳しいです。

借入を希望する理由、タイミング、金額について事前検討し、自社の規模、業種などから利用できる制度融資などを調べる必要があります。

ご自身で金融機関や日本政策金融公庫などに行かれる前に、まず専門家とともに融資のポイントを確認したうえで事業計画書を作成し、専門家のフォローを受けながら資金調達を進める方が、本人の希望により近い時期、金額、利率で融資が実行される可能性が高まります。

制度融資による銀行借入、日本政策金融公庫からの借入に関するご相談は予約制ですのでお問合せください。

Source: http://setsuritsu.q-tax.jp/inqup/setsuritsu/

rikon-ya.com