【公式】株やFXなどの金融商品はいくらの資金から始めたらいいのか?

【公式】株やFXなどの金融商品はいくらの資金から始めたらいいのか?

会社設立 広島県

【公式】株やFXなどの金融商品はいくらの資金から始めたらいいのか?

詳細について 会社設立 広島県



社名 有限会社アーキ・フロンティアホーム 所在地 〒720-0017 広島県福山市千田町四丁目9番33号 TEL 084-970-0121 FAX 084-970-0122 代表取締役 藤井浩治 資本金 3,000,000円 会社設立 平成9年10月13日 許可番号 国土交通大臣 許可(般-23)第24213号 取引銀行 もみじ銀行 中国銀行 伊予銀行 広島銀行 しまなみ信用金庫 従業員数 13名 売上げ高 平成27年9月期 9億5100万円

資格者

宅地建物取引主任者 8人 一級建築士 4人 二級建築士 3人 インテリアコーディネーター 1人 1級施工管理技士 1人

平成9年 10月13日設立 平成9年 12月 建設業免許 取得 平成10年 オーストラリア輸入住宅「サザンクロス」発表 平成10年 自然素材住宅「青野の家」発表 平成11年 宅地建物取引業免許 取得 平成11年 日本木造住宅耐震補強協同組合 加盟 平成11年 「サスティナブルハウス」発表 平成11年 競売物件の取引事業を開始 平成14年 「クイーンズランドスタイルの家」発表 平成15年 「ソフィア」発表 平成16年 クレバリーホーム 加盟 平成17年 レンタル収納庫事業開始 平成18年 「イングランドハウス」発表 平成18年 現社名に変更 平成19年9月 社債(第一回)発行  私募債 平成20年2月 クレバリー倉敷店 オープン 平成26年 産業用太陽光発電所 設置

所属団体など

日本木造住宅耐震補強事業者協同組合

(株)住宅あんしん保証 住宅完成保証制度 優良住宅建物保証制度 地盤調査保証制度

(財)住宅保証機構 住宅性能保証制度

特定非営利活動法人 住宅生産性研究会

MAP

〒720-0017 広島県福山市千田町四丁目9番33号 TEL 084-970-0121 FAX 084-970-0122

【ホームページ】http://www.fro.co.jp/

〒720-0016 広島県深安郡神辺町平野36-2 TEL 084-960-3110 FAX 084-960-3120

【ホームページ】http://www.cleverlyhome.com/

〒710-0016倉敷市中庄3-1 TEL 086-476-9084 FAX 086-421-9085

【ホームページ】http://www.cleverlyhome.com/

Source: http://hiroshima-kaisya.com/%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%a8%ad%e7%ab%8b%e6%96%b9%e6%b3%95/



株式会社の設立方法株式会社の設立方法について

株式会社の設立方法には、発起設立と募集設立というものが存在しています。

発起設立と募集設立の最大の違いは、会社を設立する段階で集めることが必要な資金を、会社を設立をしようと考える人物(発起人といいます)だけにするか、発起人以外の第3者にお願いして出資してもらうかになるでしょう。

1.発起設立

経営スタイル:発起人が経営者かつ株主となる

2.募集設立

出資者:発起人および株主募集の応じた第三者

出資方法:現金または現物出資  (現物出資は発起人のみ可能であって、第3者の出資者に関しては現物出資をすることができず、現金でしか出資をすることができませんので募集設立を行うときには十分に注意するようにしましょう)

経営スタイル:発起人以外の第三者が株主となる

その他の特徴:出資金を金融機関に預け入れる際、払込金保管証明書の取得が必要になり、手数料も発生する。

*発起人とは、社名をはじめ、株式会社のさまざまな事項を決定していく人であり、また全員が出資者となります。ただし、発起人は必ずしも、設立後に役員となるわけではなく、出資のみを行う発起人も存在します。

発起設立と募集設立が存在していますが、新しく作られるほとんどの会社は発起設立ということが現実です。

理由は単純ですが、募集設立の場合には相手の事業に対して信頼をしてお金を出資してもらうわけですから、相当の信頼であったり、これまでにない革新的なサービスであったりということを出資者に納得させないといけないだけに、実績が乏しい段階の起業家の場合にはなかなか募集設立で会社を設立しようと考えるのは厳しいかもしれません。

発起設立が募集設立よりも良い点とすれば、募集設立はどうしても発起人以外の人物が創業当時から株主として存在するので、株主総会でも一定の発言権を持つことになりますが、発起設立の場合には株主となるのは、同じ志を持っているメンバーなので、事業計画等の会社の今後の方針に関しても意見が対立するという可能性が少なくスムーズに事業が進められるということではないでしょうか。

発起設立で十分に資金面で問題ないのであれば、わざわざ募集設立を行って、第3者の意見を取り入れる必要はないともいえるかもしれません。

いずれにしても、資金面だけでなく、設立後の意見の対立などの状況も考慮したうえで、発起設立と募集設立のどちらがふさわしいのか判断してみましょう。

Source: http://www.clh.jp/company.php

別れさせ屋 石川県