新年ご挨拶(2011年,鹿児島県行政書士会)

新年ご挨拶(2011年,鹿児島県行政書士会)

会社設立 鹿児島県

新年ご挨拶(2011年,鹿児島県行政書士会)

詳細について 会社設立 鹿児島県



鹿児島県での株式会社設立ならおまかせください!

行政書士梅澤法務事務所では、鹿児島県での株式会社設立手続きの代行を承っております。

各専門家(司法書士・税理士・社会保険労務士)との連携により、会社設立後の節税対策・労務管理・各種営業許可申請などもワンストップでサポートいたします。

※設立登記申請は当事務所提携の司法書士事務所が担当いたします。

基本サービス

株式会社の設立に必要な書類の作成と役所での手続きをすべて代行いたします。

オプションサービスお客さまに行っていただく作業について

お客さまに行っていただく作業は下記のとおりです。

サービス料金

株式会社設立手続き一式 費用総額 364,910円 (内訳:当事務所手数料 162,000円(税込)+法定費用 202,910円)

※上記の金額には、郵送料、交通費、司法書士の報酬等の諸費用もすべて含まれております。

【当事務所で会社の印鑑を手配する場合】 会社の印鑑を当事務所で手配する場合は、上記の費用の他に印鑑の代金として8,000円~19,780円必要になります。

ご依頼から株式会社設立までの流れ

ご依頼から手続き完了までに要する日数は10日前後です。お急ぎの場合は最短3日で手続きを完了させることもできますので事前にご相談ください。

株式会社設立後の各種届出について

株式会社の設立後、必要に応じて下記の届出を行う必要があります。

Source: http://www.dreamgate.gr.jp/knowhow/subsidy/id=592



「まずは、自分が該当するか、条件を確認しましょう!」

  この「子育て女性起業支援助成金」を利用しようと考えたら、自分の住んでいる地域を確認しましょう。そして、以下の要件を満たしているか?確認しましょ う! ・北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、埼玉県、千葉県、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、 徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県  上記区域内に住所があること。 ・会社等に 勤めていた期間が5年以上(雇用保険の加入期間が5年以上)あること。 ・12歳以下の子と同居し、育てていること。 ・女性起業者がその設 立した法人等(個人事業も含む)の業務に専ら従事すること。 ・法人を設立した場合は、女性起業者が代表者であること。 ・法人等の設立後、 3カ月以上事業を行っていること。  以上の要件のどれか一つが欠けても、この助成金はもらえませんので、ご注意下さい。

「助成金をもらうための準備として、事前の申請が必要」

 この「子育て女性起業支援助成金」 は、法人等を設立する前日までに、「法人等設立事前届」と「雇用保険受給資格者証」又は「雇用保険短時間受給資格者証」、又は住民票か、運転免許証のコ ピー等、女性起業者本人と、住んでいる住所が確認できる公的な書類を添付して、女性起業者本人が住む地域を管轄するハローワークへ提出しなければなりませ ん。 尚、自分が住んでいる場所を管轄するハローワークを調べるには、各県のハローワークのホームページ等で調べて下さい。

「いつまでに人を雇えばよいの?注意点は?」

 「子育て女性起業支援助成金」は、起業してから 1年以内に高齢者や季節労働者等を除く労働者を新しく雇用保険の一般被保険者(週20時間以上の短時間労働被保険者含む)として採用し、採用日初日から雇 用保険に加入させなければなりません。尚、最初はアルバイトで雇い、様子を見てから雇用保険に加入させた場合は、残念ながら対象外になります。

「助成金は、いつ申請するの?」

 継続的に働く労働者を雇い入れて、雇用保険の適用事業所と なってから、2回に分けて支給申請を法人等の住所を管轄するハローワークに対して行います。 第1回目:適用事業所となった翌日から3カ月経過する 日以降の1カ月以内の間。 第2回目:適用事業所となった翌日から6カ月経過する日以降の1カ月以内の間。 (第2回目の申請には、第1回目 の支給申請に対し、支給決定がされていることが必要) 以上、この助成金をご紹介しました。これを読んで、自分が要件に合っていて、「使え るかもしれない!」と考えた方は、一度、自分が住む最寄りのハローワークへ問い合わせてみてはいかがでしょうか?

Source: http://www.umezawahiroaki.com/service/kaisha-kagoshima.html

離婚したい